日曜日は、西船橋子どもミュージカルに続き、茨城の守谷子どもミュージカル第9回公演『あまんじゃくの桜貝』を観てきました貝

まずは観劇した子ども達の感想をどうぞひらめき
私はどっちも観劇したので、同じ役でも演じ方が違ったり一人一人個性があって見比べるのもおもしろいなーと思いました。男の子が多いのもあって、迫力がありました。昔の洋服やくつ、道具などを使用していて、昔の日本にタイムスリップした様な気がしましたニコッ

昼と夜と両方見ましたが1人ひとりの個性が光っていて見応えがありました手自分たちがこの公演をやっていた頃が懐かしいです。他KMの公演が始まり私達も残り3ヶ月なので気を引き締めて頑張ります!

サチガ二人とも歌がとてもきれいだった。ゲンタもリアクションがとても自然で面白かったですonpu03今回は両方の部を見ることができましたが、同じお話でも演じている人によって表現の仕方が違うのでとても楽しめましたハート

あまんじゃくの桜貝は音の高い歌が多いけれど、高い音も地声できれいに出させていて素敵でした。私は特に「サチの目の中に」のサチとゲンタのハモリに聞きほれました!!また、演技の方も七人組の仲の良さやサチの優しさ、ゲンタの葛藤が自然に伝わってきて感動しました。今回は昼と夜の部両方見ましたが、大筋の話は同じでも演じ手の個性が出ていて、役の細かい部分(表情やセリフの言い方)に違いがあってどちらも楽しんでみることができました♪
『あまんじゃくの桜貝は』鎌倉が第4回公演で行った演目です。
覚えていらっしゃいますか?
このお話は、広島に伝わるあまんじゃく伝説をベースにしていて子ども達が等身大の村の子どもを演じます。
楽しそうに遊んでいる姿に、会場にいる観客も一緒に遊んでいるような・・・そんな感覚におちいって、わくわく・どきどきとっても楽しめる演目です。

会場は、演目にふさわしく和テイストの装飾で飾り付けられていました。

守谷子どもミュージカル

ちょっと遠いので、2回とも公演を観劇して1日会場で過ごしました。
子ども達の感想にもある通り演じる子ども達の個性を、先生方が最大限引き出した舞台づくりをしてくださるので、各回がどんな仕上がりになっているのかとても楽しみなのが子どもミュージカルの公演の大きな特徴だと思いますき

守谷子どもミュージカルの皆さん、素敵な舞台をありがとうございました&お疲れ様でした♪

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Counter

ブログパーツUL5

 ↓ 是非見てください! ↓

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「ピエロ人形の詩」キャスト紹介 第9弾!
    管理人
  • 「ピエロ人形の詩」キャスト紹介 第9弾!
    そうた母
  • 2014年4月25日のレッスン
    戸田
  • 12月6日のレッスン☆緑の村のプロモーション
    新芽未来
  • 『鎌人いち場』でパフォーマンス♪
    管理人
  • 『鎌人いち場』でパフォーマンス♪
    戸田
  • 阿部先生の結婚パーティ♪
    管理人
  • 阿部先生の結婚パーティ♪
    さぼてんN

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM